アミノ酸度

日本酒のアミノ酸度について

日本酒に表されるアミノ酸度。
アミノ酸は身体に良く、また必要不可欠なものですが、お酒にはどのようにして関わってくるのでしょうか。

アミノ酸は日本酒のうま味を構成してくれるもので、コクを引き出してくれます。
日本酒のアミノ酸には、グルタミン酸、アルギニン、セリン、チロシン、ロイシンといったものを代表に、20種類ものアミノ酸が入っています。
これらは日本酒に溶け込むことによって他の成分と調和し美味しさやコクを引きたててうま味を増さしてくれます。

しかしこのアミノ酸は多ければいいというものではありません。
これは多すぎると雑味と呼ばれる、お酒の味を悪くしてしまう原因になるのです。
品質にも関わってくることなので、アミノ酸の量は慎重に調整しなければなりません。

また、アミノ酸の量によっても味が変わってきており、多くなるとコクが深くなって芳醇になり、少ないと軽く飲みやすい味わいのお酒になります
このアミノ酸度ですが、数値を確認するには、0.9~1.4くらいの数値が低めの数値になっています。
これを目安にして、自分が飲みやすいと感じられるお酒を飲むようにしましょう。
最近では辛口なものが多いようなので、軽い味わいのものが多いかもしれません。


このページの先頭へ