アミノ酸度

日本酒の飲酒文化について

日本での日本酒の飲酒に関しては、古い文献などを見て魏志倭人伝などの時期には既に始まっていたとされています。
日本酒は日本人の主食であるお米を使用しているため、米からできている日本酒は神聖なものとして、お供えされてきました。
それから日本酒は神と友好を結ぶためのものとして使われ、神聖なお酒を飲むことによって神に近づけるとされて飲まれてきました。

それから時が流れていくにつれて多くの方が飲めるようになってくると、人生を楽しく過ごせるためのものとして、飲まれていくようになりました。
昔は将軍などといった身分がある方が飲めるものとされていましたが、だんだんと町民にも親しまれていくようになりました。
町人たちの間では、酒粕をお湯で溶かし、塩を摘んでお酒を飲むということがありました。
それが徐々に作られて飲まれていくようになったというのですから、時代の流れは早いですね。

また、お酒は気分を高揚させ、コミュニケーション能力を向上させる働きがあることもあり、風景などの綺麗な景色や四季を感じさせる光景をさかなにして飲むことで、よりその気分を楽しむことができるとして京の人間には好かれてきていたようです。
風情を楽しむことができて、よりいいですね。


このページの先頭へ