アミノ酸度

日本酒の清酒製造のあらまし

日本酒の清酒製造のあらましについて知っておくと、美味しい日本酒などの見分け方が付きやすいかも知れません。
まず、製造する上で水は押さえておかなければならないでしょう。
古来よりお酒を造る上ではいい水が必要とされています。
そのj長剣とは鉄やマンガン、大腸菌などが検出されないもので、異味異臭が少なくカルシウムやマグネシウム等を適度に含んでいるという水が必要です。

お米も重要なポイントですね。
お米は基本的にお酒用の玄米を使用しているところが多く、食用で作ることはあまりないそうです。
心白のあるお米が使用されやすいようです。

次に、麹や酒母を使用したもろみ仕込みです。
仕込みは特に大切な作業で、酒母に水、麹、蒸米を加えていきます。
これらをきちんと上手く加えていくためには、3段階に分けて仕込みを行う必要があるようです。
1度の仕込みに4日かかるという作業ですので、一番の正念場と言えます。

その後に、清酒と酒粕に分離させる作業を行って酒粕の重量などを量り、出荷のために申告を行います。
その間に、清酒はそのまま瓶詰されるものもあれば、火入れを行われて殺菌されるものもあります。
このような苦労を得て、美味しい日本酒は作られているのです。


このページの先頭へ