アミノ酸度

色々な日本酒について

日本酒を飲んでみたいけど、大きい一升瓶で購入して飲み切れなかったら怖いと感じる方もいると思います。
そんな方のために、いくつかの要点をまとめてみました。

まず、日本酒には甘口や辛口、吟醸酒、本醸造酒、醇米酒、淡麗や濃醇といったものがあります。
しかし、これらを文字だけで見ると、いったい何が違うのかと疑問に思うものがあるでしょう。
ただ飲むだけでなく、一緒に食べる料理などによっても、日本酒で合う合わないがありますので、よく注意して飲まなければなりません。

甘いものや辛いものというのは、皆様が考えている甘い辛いというものであっています。
しかし、辛いからと言って口に刺激が走るようなものではなく、さっぱりとしていたりするもので、甘いというのも芳醇な味わいが得られるというようなものになっています。
また淡麗なものというのは軽く後に引かないもので、濃醇はその後の余韻を感じられるものになります。

吟醸酒などもお米の割合が変わってきており、それによって甘口や辛口などが変わってきています。
また、アミノ酸度と呼ばれる数値なども関係しており、これらの数値も、口に合うお酒の判断材料として見てみるといいでしょう。
他にも、醸造アルコールが含まれていると度数が変わったりしますので、これらを抑えて試してみるといいでしょう。


このページの先頭へ