アミノ酸度

日本酒の日本酒度について

日本酒度というのは一体どんなことを表している数値なのでしょうか。
日本酒を良く飲まれる方ならば、ご存知の方も多いかもしれません。

日本酒度というのは日本酒の甘口と辛口を表す目安になります。
日本酒というのはその比重を測ることによって甘口と辛口を測ることが出来ます。
温度を15度にし専用のシリンダーを使用して、日本酒度計の数値がマイナスならば甘口、プラスならば辛口といったように図ることが出来ます。
このプラスとマイナスを見ることにって、どれだけ甘いのか、どれだけ辛いのかというのが一目でわかるようになります。

これは日本酒の比重でどうして変わるのかというと、中に含まれているブドウ糖の濃度で甘さなどに関係してきます。
つまり、日本酒度がマイナスなほど、ブドウ糖の方が濃いので、甘くなるということなのですね。

大まかな分け方としては、プラスとマイナス共に、6以上ならば大辛口、または大甘口。
5.9-3.5ならば辛口、または甘口、3.4-1.5ならばやや辛口、または甘口。
その間は普通といった区分に分かれます。

また、酸度が関わってくることによって、また味は変わってきますので、好みの味を見つけたら、この2点は要チェックしておきましょう。
自分の好みの味が把握できます。

このページの先頭へ