アミノ酸度

日本酒は燗について

日本酒には燗という飲み方があります。
これは海外では珍しく、また味わいが変わるのも日本酒くらいなもので、その変化の使用は風情があるものだと言えます。
日本の四季のように温度によって味わいが変わるので、海外などでも人気が出てきている程です。

お酒は温度ごとに決まっていて、最高は55度あたりまで温めます。
50度になると熱燗と呼ばれるもので、他にも日向燗や人肌燗と呼ばれるものもあります。

お店などで飲む際には熱燗やぬる燗がよく飲まれると思いますが、オススメとされるのは人肌燗だそうです。
人肌燗は35度程で、日本酒に含まれている乳酸などの関係でこの温度が一番美味しく飲むことができる温度だそうです。

更には冷やもあり、冷やは5度まで冷やしたものを指します。
花冷えや雪冷えと呼ばれています。
名前も日本らしい綺麗な名前が使われていますね。
日本酒は常温で飲むのもいいですが、やはり色々な味を楽しみたいですね。
また、今まで口に合わないと思っていたお酒でも、温度を変えて飲んでみると美味しいと感じることがあるかもしれません。
色々な方法を試して、たくさんのお酒を美味しく飲めるようになると楽しみの幅が広がりますね。
日常が楽しくなりますよ。


このページの先頭へ